活動内容
○協同組合の目的
     組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の
     自主的な経済活動を促進し、かつ、経済的地位の向上を図る

○協同組合の概況
     1958年(昭和33年)に地場で活躍していた13企業の機械メーカーが、時代に対応し、近代化への
     道歩むことを目的として奈良県機械金属工業会を結成した。その後、1960年(昭和35年)5月、
     法的協同組合として発展的に改組し、改めて企業者の強い意志と強固な団結のもと奈良県機械
     工業協同組合が誕生した。
     爾来、県内産業の主軸として産業基盤の充実に貢献するとともに機械金属分野を中心に幅広い
     活動を展開、県内産業の先導的役割を果たし、県内地場産業振興に大きな足跡を残した。今なお
     協同組合を中心とした地域経済活性化への展開を図っているところである。
○協同組合の活性化事業の展開
     厳しい経済情勢に対処して、組合員企業が自立的発展への道を探り、相互の連帯感を強固なもの
と作り上げるための組合活性化事業を積極的に展開することを主旨として実施していく。
その1. 企業経営革新のためノウハウ習得と研鑚
その2. 組合員相互間の意志の伝達と業界情報の交換ならびに情報提供
その3. 産官学の緊密な連帯と交流促進
その4. 行政当局への意見、具申の表明
その5. 組合員企業従業員のための健康づくりと福利厚生事業の実施
その6. 経済関係団体との緊密な連帯と協力体制の強化

重要実施内容
1.過去(平成18年〜20年)3年間にわたり実施した「中小企業労動力確保推進事業」
  について、今後の中小企業の労働問題を考え更なる優秀な人材確保と養成が経営  
  のキーポイントとして労務管理の改善に取り込んで行く。
     @ 労働時間の短縮化       A 職場環境の改善
     B 福利厚生の実施        C 人材募集と採用の改善
     D 従業員教育、訓練の実施   E 雇用管理面の改善

2. 奈良県新ものづくり教育事業の推薦(県立工業系高等学校での実践教育の実施─
   平成19年度から実施)機械科に所属する県立高校(奈良朱雀高校、王寺工業高校、
   御所実業高校)に対して@組合企業から熟練従業員を派遣して実習カリキュラムを
   組んで実施指導する。A組合企業に現場実習として学校夏休み、冬休みなどを利
   用 して生徒を受入れ企業内訓練を実施する。B学校教員の高度な研修を図るため
   企業が受け入れ、教員現場研修を随時実施する。

3. 経済や経営問題について経営ノウハウを涵養するため、随時、専門講師を招いてセ
   ミナーを 開催するとともに、お互いの企業間の情報交換や収集のため集会を開催。

  また、国、県や 関係経済団体を喫密させ連ケイを確保し、新しい政策を吸収し、かつ
   意見具伸できる懇親会等の開催。

4. 産業界、官公庁、大学、高等学校と連携強化を図るため、県産業活性化プラザを介し
   て、革新的な技術、技能の共同研究開発に鋭意努力するその前提となる産官学の
   交流連携から初めることにあり機会創出に努める。

5. 組合員企業の従業員福利厚生の一環として毎年慣例事業としてソフトボール大会を
   開催し、健康の増進と企業間従業員の交流と親睦をはかるため実施する。

6. 関係経済団体等が実施する、商工まつり、技能フェスティバル、学校インターシップ
   での企業視察や団魂世代の大量退職にともなう雇用フェスティバル70才まで働ける
   雇用創出事業など 積極的に参加していく。

7. 関係機関との連携強化並びに行事等への積極的な参加。
   国、県は勿論、県地域産業振興センター、県中小企業団体中央会、県職業能力開発協会、
  奈良職業能力開発促進センター、鰹、工組合中央金庫等の各種団体との連携を密にし、
  各種行事に積極参加をする。